女性ホルモンを増やす方法を試せば年齢が気にならなくなる

ウーマン

健康食も工夫して摂ろう

栄養価が高く、健康にもきわめていいクロレラには、いろいろな種類があります。どの種類を摂取するかによって、消化・吸収効率も違ってくるし、体への作用もそれぞれ異なってきます。クロレラを選ぶ場合は、これらの点を頭に入れて、最も自分に適したものを摂る必要があるのです。

不快な症状を緩和したい

女性には、男性の体にはない卵巣や子宮などの大切な生殖器官があります。更年期は誰でも経験しますが、精神的な落ち込みやイライラなどの精神症状や、頭痛や肩こり、めまい、生理不順などの不快な症状で悩んでいる人は、専門クリニックで漢方薬を処方してもらえます。

女子力をアップさせる方法

悩む女性

ホルモンバランスを整える

女性にとって、女性らしい体型・女性らしい肌・女性らしい髪は理想です。しかし、加齢と共にホルモンバランスが乱れてしまい、理想とは異なる現実があるようです。女性にはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがバランスを保っていることで、女性らしい体付きや肌などをキープすることができるのですが、加齢と共にエストロゲンの働きが弱まってしまい、ホルモンバランスが乱れてしまいます。ホルモンバランスが乱れる原因には、妊娠・出産・月経・更年期・生活習慣・ストレスなどが考えられています。特に30代以降の女性は子育て世代でもありますので、ホルモンバランスが乱れやすく、体の調子が悪くなってしまったり、肌トラブルを招いてしまうことも珍しくありません。では、女性ホルモンを増やす方法はないのでしょうか。女性ホルモンを増やす方法で一番手軽なのが、大豆製品を摂取することです。大豆製品にはエストロゲンと似ている働きをしてくれる大豆イソフラボンが含まれていますし、腸内細菌によって代謝されたエクオールなどは更年期障害などにも効果が期待されている代謝物です。大豆製品を摂取することが女性ホルモンを増やす方法で一番簡単な方法と言えるでしょう。また、サプリメントなどを使用するのも効果が期待できます。ただし、女性ホルモンを増やす方法で注意しなくてはいけないのが、エストロゲンとプロゲステロンのバランス。バランスが乱れることが一番よくありませんので、どちらかが過剰にならないように気をつけましょう。

エキスの効果や選び方

シイタケ菌糸体は免疫の調整を行う作用や抗がん作用があるとして、がんの予防や代替治療に効果的だと言われている菌糸体です。摂取する際は、シイタケ菌糸体がどんな場所で育っているのかや添加物の有無、体への吸収などを確認するのがポイントとなります。