女性ホルモンを増やす方法を試せば年齢が気にならなくなる

婦人

不快な症状を緩和したい

生薬

ホルモンバランスを整える

女性の体には、男性にはない卵巣や子宮などの生殖器官があります。10代の初めに初潮を迎えてから、50代に入って閉経を経験するまで、女性ホルモンの影響を受けやすい傾向があります。更年期に入ると、気力が減退して外出が億劫になったり、頭痛やめまい、生理不順などで悩んでいる人が増えてきます。更年期の症状は人によって個人差がありますが、家事や仕事に悪影響が出てしまう人も少なくありません。更年期障害を緩和するために、専門クリニックでは漢方による内服薬を処方してもらえる場合があります。更年期の漢方にはホルモンバランスを整えて、生理不順を緩和したり、めまいや頭痛、肩こりなどの不快な症状を緩和する働きがあります。更年期の辛い症状を改善するためには、ホルモン補充療法による治療も受けられますが、人によっては副作用が見られる場合があるので、不安を感じている人も大勢おられます。ホルモン補充療法を受けてみたいけれど、体に負担の少ない治療を受けたい人は、漢方薬を処方してもらえるので、医師に相談してみると良いでしょう。自律神経の働きを整えることで、精神的な落ち込みやイライラ、抑うつなどの症状を緩和する働きがあります。一人一人の体質に合った治療法を提案してくれるので、まずは診察を受けることが大切です。40代を過ぎると、卵巣機能が低下してきて、50代に入って閉経を迎えると、更年期の辛い症状が少しずつ緩和する人がほとんどです。更年期は誰でも経験するため、漢方薬を服用して上手に乗り切ることが大切です。